大湯温泉に

     おおゆ2
OB会の旅行で、縄文時代の遺跡「特別史跡 大湯環状列石」に立ち寄りながら、大湯温泉に行って来ました。
むかし教科書で見た環状列石の風景を見ることが出来ました、でも何の目的で環状列石を作ったのでしょうね。

800年の歴史を持つ大湯温泉、江戸時代は南部藩の保養温泉地として、その後多くの文人墨客が訪れた名湯です。
宿泊した「龍門亭・千葉旅館」は明治2年開業、旧南部藩主が巡察の折り休息され、李白の一文から「龍門亭」と命名された由緒ある旅館でした。
何年か前までは、ここに泊まるのが憧れであったとか。
天恵の温泉、豪華な食事と贅沢な気分の一夜、同じ職場で仕事をした仲間達との語り合いも幸せな空間でした。

ただ、OB会としては、参加者が減少しておるのが今後の課題です。
朝起きたら外は雪景色、とうとう冬がやってきました。


大湯3 大湯1


Tag:旅  Trackback:0 comment:2 

プロフィール

つばきだろ

Author:つばきだろ
東京を基点に各県で勤務、退職を機に秋田に帰りました。ゴルフと陶芸に明け暮れています。
東京に住む孫三人、部活とかが忙しくなりました。

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム