るーぷる仙台

るーぷる
「るーぷる仙台」に乗り、仙台観光をしました。
仙台市内の観光地を巡るバスが、15分間隔で走っているのです。
好きな観光地で降りて見学し、終わったら来たバスで次に向かうのである。
レトロ調の観光バスで観光案内つき、Wi-Fi完備、乗り降り自由で一日乗車券が620円でした。

瑞鳳殿
伊達政宗の霊屋(墓所)瑞鳳殿で降りました。
3回も仙台に住んでいたのに、初めて行ったのです。
空襲で焼失した霊屋が再建されたのが昭和54年、改修され創建当時の姿になったのが平成13年(2001年)ですから、観光地化したのは最近なのですから無理もないかな。
ボランティアのガイドさんに説明してもらいました、
豪華絢爛な廟は見事なものでした。
八幡宮
次は大崎八幡宮で降りました。
正月飾りを焼納するどんと祭(松焚祭)に、一晩で10万人の参拝者が訪れる神社です。
慶長12年創建以来の建物を、平成11年度から大規模な保存修理工事を行い、創建時の美しさが蘇っていました。
ここではガイドさん一人にお客も一人、ぜいたくな時間を楽しんで来ました。

午後2時からOB会総会が始まるため、二個所だけで仙台駅に帰って来ましたが、次はゆっくりと行かなければと思った次第です。

Tag:旅  Trackback:0 comment:6 

北の街・赤羽

   赤羽
内田作品、浅見光彦シリーズである。
赤羽が舞台ということで読んでみた。
知っている場所が出てくるではないか、駅前のそば屋「清水庵」には良く行きました。
そばが美味しいのはもちろんだが、各地の地酒が揃えてあり、それを目的に通ったのである。
OK横丁や赤羽小学校が出ており、その周辺で飲んだことが思い出された。
このシリーズは何編か読んでいたが、主人公の浅見光彦の家が北区西ヶ原だったとは知りませんでした。
住んでいたのは1996年まで、2012~2013年に書かれた小説を読みながら、赤羽の現在を思い浮かべていました。

Tag:旅  Trackback:0 comment:8 

混んでいる

DSC_4316_convert_20141211141645.jpg

雨が降っている、温泉に行った。
玄関に入ると何かザワザワしている、混んでいるのだ。
今日は月に一度の、バスで往復送迎、弁当付きの温泉ツアーの日だったのだ。
休憩する大広間に行って見ると、、年配の方々でいっぱい、ビールや弁当を広げていた。
温泉に入り、昼寝をと思って行ったのだが、うるさくて無理、早々に退散した、日にちを間違えたようである。

Tag:旅  Trackback:0 comment:8 

院内銀山

院内
秋の宮温泉に行く途中、院内銀山異人館(資料館)に寄った。
院内銀山は慶長11年に発見されて以来、明治時代まで多大の銀を産出したところである。
鉱山跡は、現在杉林に覆われているが資料館で当時の様子を知ることが出来た。
山峡に出現した大鉱山町、賑わいはどんなものであったろうか。

銀山

Tag:旅  Trackback:0 comment:2 

雨の降る日は

    温泉
冷たい雨、ゴルフの練習にも行けない、そうだ雨の降る日は温泉が良い。
我が家から20分くらいにある温泉に入ってきた、昼食、昼寝とフルコースである。
ついでに、豪雪地帯の雪対策・雪囲いも見学してきた。

    なべ焼

Tag:旅  Trackback:0 comment:5 

プロフィール

つばきだろ

Author:つばきだろ
東京を基点に各県で勤務、退職を機に秋田に帰りました。ゴルフと陶芸に明け暮れています。
東京に住む孫三人、部活とかが忙しくなりました。

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム